FC2ブログ
こんにちは
お久しぶりになってしまいました
ずっと、雨が多かったように思います
そんなこんなで7月ももうおわり? 

久しぶりにリースをつくりました

こちらはドライフラワーのリース


DSCN3136 (3)


こちらはグリーンリース ふわり

DSCN3140 (2)

こちらはレモン色と桃色リース

DSCN3142 (4)


連休中に琵琶湖に行ったのですが、岩場ですってんころりん
足をくじいてしまいました

そして、安曇川にも寄ったのですが ヒルに吸い付かれて、血が止まらない・・

ふんだり蹴ったりの日でした

足はどんどん痛くなり、翌日には歩けないくらいに痛くて
お医者さんに行って処置をしていただきました

なんと、普通に歩けるようになりびっくり(°_°)

まだ、なんとなく痛いけれど物が運べないくらい痛かったのに・・
お医者さんすごい(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

そうそう、琵琶湖の野原で私の顔を見てあたふたと走って逃げる幻の鳥?をみました
飛ばないいんです
何?鳥?
私しか見てないから、本当に不思議な光景でした
トトロか?と、おもったくらい
あの小さい白いほうね
でも、鳥だと思われるのは茶色でした
大きさ形はアヒル?位・・
う~ん
トトロにしておこう
草むらを結構、走って振り向き、見られたといわんばかりに・・

変な一日でした

では、また(*^_^*)

スポンサーサイト



[2020/07/30 15:10] | リース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
こんにちは

リースのオーダーを頂きました

DSCN3028.jpg


DSCN3025.jpg


ドライフラワーを中心に、紫色の紫陽花はプリザーブドフラワーです

イメージにぴったりと喜んでいただけました


ありがとうございました


(* ´ ▽ ` *)


多肉植物の月美人が花を咲かしてくれました
はじめて見ます

DSCN3038.jpg


DSCN3033.jpg


アロエのの花も咲いています

こちらは、ぐい~んと伸びていてまだ写真を撮っていません

また、載せますね

では、また+゚。*(*´∀`*)*。゚+
[2020/07/07 14:16] | リース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
 こんにちは
 先日、 長男の部屋に飲み残しのコップを2つ発見(°_°)
 洗おうと水を入れると、もやもや~っと水に溶けだした、なんとも言えない悪汁・・・
 洗っても洗っても、取れない気がして、いまだに洗剤をいれたまま、
 毎日、水替え、洗浄中w( ̄o ̄)w
 あれは、コーラーが腐っていたような色でしたヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪

 気分を変えて(っ*^ ∇^*c)

 新作リースをつくりました

 こちらは、少し秋色を意識してアンティーク色に
 ベージュの大きなお花がポイントです
 6305.jpg


 こちらは、ナチュラルラブリーリース
 6306.jpg


 連休は台風で雨模様かも・・・が晴れますように(´∀`*)

 では、またヽ(´∀`)ノ

 あっ、献立は・・まだ、未定です(-∀-)
[2019/09/21 12:07] | リース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top

 こんにちは

 幸せの青い鳥?が庭にやってきました

 青い鳥を見たのは初めてです
 

 カスミソウとラグラスのリースをつくりました
 ペッパーベリーもたっぷりと(*´v`)

 6144.jpg

 
 
[2019/06/13 17:05] | リース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
 こんにちは
 あっという間に1週間たっていました
 おひさしぶりです
 大きな口を開けようとするとゴキッっと嫌な音がするとです・・・・
 歯医者さんできくと、顎関節症だといわれました
 頬杖つかないことと、ご注意いただだきました
 それから、毎日、きをつけていたら、なんと一日で何度も頬杖をつこうとする私がいました
 お~っと、まただ~という感じで、これだけ知らず知らずのうちに頬杖いるんだな~と改めて知りました
 皆さんも気をつけてくださいね
 ある日突然、ゴキッとなりますので・・・(T_T)

 リースをつくりました
ラナンキュラスのドライフラワーでグッと大人なリースです
6140.jpg

こちらはBOXアレンジメントです

6141.jpg


ありがとうございました

今日はこれから、ブルー系のアートフラワーアレンジをつくります

可愛いカゴが入荷したのです

それでは、また アップします
((^∀^*))


 
[2019/06/08 13:27] | リース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>